とある人柱のblog

PCをめぐる話題など

NECカラーマネジメントディスプレイ PA302W-W5, PA272W-W5, PA242W-W5, P242W-W5 生産終了

現在、私が愛用している液晶ディスプレイは、NEC MultiSync LCD-P242W-B5だったりします。


ここ数年、全く勢いが感じられないNECですけど、NEC製ディスプレイの「アンチ・スパークリング・フィルム」搭載製品は目に優しくて、私自身かなり気に入っています。

 

先程、LCD-P242W-B5のページを見てみると、LCD-P242W-W5(ホワイトモデル)は生産終了の文字が。

jpn.nec.com

生産終了モデルのページを見ると、

生産終了モデル: ディスプレイ | NEC

http://jpn.nec.com/products/ds/display/old/index.html

NECカラーマネジメントディスプレイでは、

が生産終了モデルに追加されていました。

NECカラーマネジメントディスプレイでホワイトモデルが必要な方は早めに確保しておいたほうが良いかもしれません。

 

 

M.2 SSDの発熱対策 その2 - PCIeリンク速度変更

PCIeリンク速度を下げると、NVMe対応M.2 SSDの発熱が減ると耳にしたので、実際に確認してみました。
使用しているM.2 SSDは、Samsung MZVPV256HEGL(SM961 256GB)です。

famd.hatenablog.com

まずは、変更前(PCIe 3.0 x4)でのCrystalDiskMark 5.2.1の結果。

f:id:famd:20170628214944p:plain

ちなみに、CrystalDiskMark 5.2.1実行中のCrystalDiskinfo読みの最高温度は43℃でした。(室温26℃)

 

使用しているマザーボード(ASUS Z270-A)のUEFI BIOSから[Advanced]→[PCH Configuration]→[PCI Express Configuration]から、[PCIe Speed]を[Gen2]へ変更してみました。

f:id:famd:20170628215122p:plain

 

PCを起動し、CrystalDiskinfo等で、転送モードが「PCIe 2.0 x4」になっている事を確認します。

f:id:famd:20170628215058p:plain

 

CrystalDiskMark 5.2.1を実行、その際の最高温度は41℃でした。

f:id:famd:20170628215211p:plain

PCIeリンク速度変更前と比較して2℃減少しています。そのまましばらくPCを使ってみましたが、これといった体感速度の変化は感じませんでした。

 

使用するM.2 SSD、室温が高い環境、発熱対策が不十分な環境によってはPCIeリンク速度を下げる発熱対策は結構アリかなと思う次第です。

 

ちなみに、転送モードが「PCIe 1.0 x4」でのCrystalDiskMark 5.2.1の結果は以下。

実行中の最高温度は40℃でした。

f:id:famd:20170628215528p:plain

 

 

SONY ウォークマン NW-A35のストレージ性能

f:id:famd:20170610190524j:plain

 

SONY ウォークマン NW-A35を買いました。NW-S765(2011年)からの買い換えです。

購入の決め手は、

  • 音量調整のステップ数が120段階になったこと(従来機種は30段階)

です。

能率の高いイヤホンを使う際、音量調整30段階は荒すぎて長年不満を感じてました。もうこれだけで私にとっては買い換えの価値有りでした。
ちなみに、メインで使用しているイヤホンは、パイオニア SE-CLX9です。

使い始めて、1ヶ月程経過しましたが、音質、使い勝手共に結構満足しています。
欠点は起動に時間がかかる点でしょうか。私の環境では約1分かかります。それ以外はこれといった不満はありません。

S-Master搭載ウォークマンといえば、これまでの機種では「残留ノイズ」が気になっていたので、非搭載のSシリーズを使っていたのですが、NW-A30シリーズのS-Master HXは割とノイズが控えめになってました。これも及第点レベルにあります。


NW-A35のストレージ性能がふと気になったので、内蔵メモリと内蔵microSDカードの速さを、CrystalDiskMark 3.0.4で測定してみました。共にWM-PORT(USB2.0)経由です。
ちなみに使用したmicroSDカードは、東芝 EXCERIA PRO M401 32GB、UHS-I U3対応品です。

東芝 EXCERIA PRO M401 microSDカード レビュー - とある人柱のblog

 

f:id:famd:20170610190845p:plain

f:id:famd:20170610190901p:plain

 

CrystalDiskMark3.0.4の結果を見る限り、USB2.0ということを考えると内蔵メモリストレージの性能は優秀ですね。

あとmicroSDカードですが、シーケンシャルライト(連続書き込み)が30MB/sを超えています。
数字を見る限り、UHS-I U3(書き込み30MB/s以上)対応品の効果有りということになります。

ウォークマン NW-A30シリーズ用にmicroSDカードを用意する際は、予算が許す限りUHS-I U3対応品を選んだ方が使い勝手が良いように思います。