とある人柱のblog

PCをめぐる話題など

M.2 SSD Samsung MZVPV256HEGL(SM961 256GB)

M.2 SSD Samsung MZVPV256HEGL(SM961 256GB)を導入しました。

「保証」を考えなければ、現時点でのNVMe対応SSDでは、SM961が最もコストパフォーマンスに優れてるように思います。なんといってもMLCです。

製品情報は以下参照ください。

MZVPV256HEGL (SM961) - Client SSD | Samsung Semiconductor Global

 

M.2 SSDは初めて扱います。Type2280 幅22mm x 長さ80mmは想像以上に小さく、そして薄いです。これは取り扱い注意ですね。

f:id:famd:20170513202912p:plain

 

最初に、ヤフオクで入手したヒートシンクを取り付け。

f:id:famd:20170513203607p:plain

 

マザーボードへ取り付けます。

f:id:famd:20170513203641p:plain

 

ケースに、長尾製作所 M.2 SSD冷却用ファンステイ(N-M2S-FSTY)を使って、12cmファン(Noctua NF-S12B redux 700を500rpmで運用)を設置しました。

f:id:famd:20170513203713p:plain

 

とりあえず、メイン環境のWindows7 x64を起動し、Samsung NVM Express Driver 2.2.exe( Tool & Software | Download | Samsung V-NAND SSD ) をインストール、SM961を認識後に領域確保、フォーマットを行いました。

 

早速ベンチマーク

まずは、CrystalDiskMark

f:id:famd:20170513204839p:plain

f:id:famd:20170513204852p:plain

f:id:famd:20170513204859p:plain

見事な数字が並んでいます。

CrystalDiskMarkベンチマーク中に、S.M.A.R.T.読みのSSD温度は、最高48℃(室温26℃環境)を記録しました。ヒートシンク+ファンの効果が出ているようで、このまま運用出来そうです。

 

HD Tune Pro

f:id:famd:20170513205351p:plain

f:id:famd:20170513205403p:plain

Sequential Readが1700MB/s, Sequential Write 1400MB/s 程度と考えておくと良さそうです。

 

 

新世代CPUお断りパッチ 2017年4月分 KB4015546(Win7) KB4015547(Win8.1)

本日付けで配布されている

  • KB4015546 (Windows7向けセキュリティのみの品質更新プログラム)
  • KB4015547 (Windows8.1向けセキュリティのみの品質更新プログラム)

には、最新のWindows Updateクライアントが入っています。

 

最新CPUでのWindows Updateお断り機能付きですので該当CPUお使いの方はご注意ください。

  • Intel 第7世代プロセッサ(Kaby Lake)以降
  • AMD Bristol Ridge(Ryzen含む)以降

famd.hatenablog.com

 

■2017-04-13追記

ちなみに、私の環境、Intel Core i7 6700(Intel 第6世代プロセッサ)+ASUS PRIME Z270-A(Win7環境)

Intel Core i7 6700+ASUS PRIME Z270-A - とある人柱のblog

 では、2017年4月分のWindows Updateにて問題が無いことを確認しています。

 

■2017-05-13追記

AMD Ryzen環境では、未だWindows Updateお断り機能が発動していない模様です。

 

 

Intel Core i7 6700+ASUS PRIME Z270-A

famd.hatenablog.com

これまでの私のメインPC CPUは、Intel Core i5 3570K(Ivy Bridge世代)でした。

そろそろパワーアップをと考えていたところに、オプションとはいえKB4012218(Win7)の配布が始まってしまったので、SkyLake世代(Intel Core i7-6700)へメインPCを移行しました。

 

購入した物

f:id:famd:20170408214423j:plain

 その他パーツは流用です。

 

組み立てなど

f:id:famd:20170408214448j:plain

  1. CPUクーラーには手持ちのPROLIMA TECH Megahalems Rev.Cを使用しました。(写真には撮っていませんがCPUクーラーのファンにはNoctua NF-S12A PWMを設置しました。)
  2. ASUS Q-Connectorはやっぱり便利です。この10年間程、ASUS Q-Connector付きのマザーばかり使っています。

 

各種ベンチマーク

CPU-Z (Single Thread:1845, Multi Thread:7580)

f:id:famd:20170408215121p:plain

 

Cinebench R15 (CPU:817 cb, Single Core:161 cb)

f:id:famd:20170408215235p:plain

 

CrystalMark 2004R7

f:id:famd:20170408215623p:plain

 

使いこなしテクニック

i7 6700無印ですので、電圧下げのみ行いました。offset-0.15Vです。

f:id:famd:20170408215945p:plain