とある人柱のblog

PCをめぐる話題など

M.2 SSDの発熱対策

先日導入したM.2 SSD Samsung MZVPV256HEGL(SM961 256GB)

famd.hatenablog.com

のS.M.A.R.T.読み温度が40℃を超える事が増えてきました。ヒートシンクとファンを設置しているにもかかわらずです。

同じマザーに接続しているSATA SSDと比較すると10℃くらい温度が高いです。

 

一部で大人気の、Aquacomputer kryoM.2 evo http://amzn.to/2rBVRp2 を購入しようかと考えたのですが、私が使用しているマザー ASUS PRIME Z270-Aでは相性問題があるようです。

価格.com - サムスン 960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT のクチコミ掲示板

 

M.2 SSD SM961コントローラの温度は、実測でS.M.A.R.T.読み+25℃という話があったりします。これは気になってくると、やっぱり気になるので(苦笑)、現状のM.2スロットにSSDを挿す状態でさらに発熱対策を行いました。

 

  1. 熱伝導シート1mm厚をM.2 SSD基板の裏面に重ね貼りして、マザーボードに熱を逃がすように設置する。

  2. 500rpmで運用していた12cmファン(Noctua NF-S12B redux 700)を700rpmで運用する。(ちなみにファンの音は気になりません、流石Noctua製品です。)

    f:id:famd:20170513203713p:plain



以上の対策で、アイドル時36℃(室温27℃環境)、CrystalDiskMarkベンチマーク中の最高温度は43℃になりました。

今回の対策前は、最高48℃(室温26℃環境)でしたので、6℃程、温度が低下したことになります。

f:id:famd:20170520174732p:plain

 

この環境で、今年の夏は乗り切ろうと思います。

 

M.2 SSDの発熱対策 その2 - PCIeリンク速度変更 - とある人柱のblog

 

 

マルチディスプレイするならRadeon RX500シリーズ

www.hardwarecanucks.com

  RX580 8GB RX570 4GB RX480 8GB R9 380
Single Display 11.9W 11.8W 17.4W 18.3W
Dual Displays 13.4W 13.2W 25.2W 41.5W
Difference 1.5W 1.4W 7.8W 23.2W

 

マルチディスプレイ環境といえば、ビデオカードの消費電力が激増するため、iGPU(CPU内蔵GPU)と併用してる方も結構いらっしゃるようです。

http://www.hardwarecanucks.com/ のThe AMD RX 580 8GB Performance Reviewによると、RX500シリーズからは、デュアルディスプレイ時の消費電力増がかなり抑えられてるとのこと。

RX580 8GBで1.5W, RX570 4GBで1.4W増とのことで従来のビデオカードとは比較にならないくらい省電力になっています。

 

複数のディスプレイを使用する方は、これを理由(笑)にしてRadeon RX500シリーズを導入するのも良いかもしれません。

 

 

M.2 SSD Samsung MZVPV256HEGL(SM961 256GB)

M.2 SSD Samsung MZVPV256HEGL(SM961 256GB)を導入しました。

「保証」を考えなければ、現時点でのNVMe対応SSDでは、SM961が最もコストパフォーマンスに優れてるように思います。なんといってもMLCです。

製品情報は以下参照ください。

MZVPV256HEGL (SM961) - Client SSD | Samsung Semiconductor Global

 

M.2 SSDは初めて扱います。Type2280 幅22mm x 長さ80mmは想像以上に小さく、そして薄いです。これは取り扱い注意ですね。

f:id:famd:20170513202912p:plain

 

最初に、ヤフオクで入手したヒートシンクを取り付け。

f:id:famd:20170513203607p:plain

 

マザーボードへ取り付けます。

f:id:famd:20170513203641p:plain

 

ケースに、長尾製作所 M.2 SSD冷却用ファンステイ(N-M2S-FSTY)を使って、12cmファン(Noctua NF-S12B redux 700を500rpmで運用)を設置しました。

f:id:famd:20170513203713p:plain

 

とりあえず、メイン環境のWindows7 x64を起動し、Samsung NVM Express Driver 2.2.exe( Tool & Software | Download | Samsung V-NAND SSD ) をインストール、SM961を認識後に領域確保、フォーマットを行いました。

 

早速ベンチマーク

まずは、CrystalDiskMark

f:id:famd:20170513204839p:plain

f:id:famd:20170513204852p:plain

f:id:famd:20170513204859p:plain

見事な数字が並んでいます。

CrystalDiskMarkベンチマーク中に、S.M.A.R.T.読みのSSD温度は、最高48℃(室温26℃環境)を記録しました。ヒートシンク+ファンの効果が出ているようで、このまま運用出来そうです。

 

HD Tune Pro

f:id:famd:20170513205351p:plain

f:id:famd:20170513205403p:plain

Sequential Readが1700MB/s, Sequential Write 1400MB/s 程度と考えておくと良さそうです。